アイコンの説明

  • 年会/ICSST
  • 講演会/見学会
  • 学会誌など
  • 各種行事
  • その他

New【12/6開催】プロセスシミュレータによる物性推算

 

プロセスシミュレータによる物性推算

プロセス設計のための物性推算法の基礎 -

pdfはこちら

主  催:分離技術会

協  賛:化学工学会基礎物性部会、化学工学会分離プロセス部会 

 

日  時:2017年12月6 日(水) 10:00~17:30

場  所:東京農工大学 小金井キャンパス 4号館3階 計算機室(348号室)  案内図 4 番の建物

          案内図 http://www.tuat.ac.jp/outline/overview/access/koganei/campus_map/

     (講習会会場は土足厳禁のため、3階フロア入り口にてスリッパに履き替えて頂きます)

定  員:15名(会場の制限のため先着順)

 

■    目的

近年、プロセス設計業務に携わるプロセスエンジニアに対する基礎的な物性推算に関する教育の重要性が認識されている。 現在、プロセスシミュレータに実装されている物性推算モデルや物性データベースなどの機能は、高機能化、複雑化する一方で、プロセス設計に立脚したシミュレータを使用した実践的な物性推算法についての教育は行われていないのが実情である。本講習会では、プロセス設計に於いて重要である物性推算法の基礎、物性データ解析と評価などを、大学で実施されているプロセスシミュレータの講義をベースに、社会人教育向けに実践的でかつ分かりやすくアレンジし、プロセス設計に必要な物性推算法の基礎を学ぶ。

  

■    対象

企業でプロセスシミュレータを使用し、プロセス設計業務を担う若手エンジニアを対象とする。大学での講義内容を、プロセスシミュレータ(Aspen Plus)に合わせてアレンジし使用するため、Aspen Plusの操作方法について初級講習を受講し、習熟している方とする。

 

■    使用PC

 大学教室装備のPC及びソフトウェアを使用します。 

 演習で使用したAspen plus BKP, Excel 等のファイルは、USBメモリをご用意頂ければお持ち帰り頂けます。

 

■    講 師

大場 茂夫 氏(工学博士)  

㈱応用物性研究所 代表取締役、

広島大学・福岡大学 客員教授

日本大学生産工学部・工学部 上席客員研究員

日本大学理工学部・生産工学部 非常勤講師

化学工学会基礎物性部会,分離プロセス部会副部会長

 詳細および申込書はこちらをご覧下さい