アイコンの説明

  • 年会/ICSST
  • 講演会/見学会
  • 学会誌など
  • 各種行事
  • その他

【12/4開催】分離技術会 第15回東海地区分離技術講演会

分離技術会第15回東海地区分離技術講演会

産業プロセスにおけるICT/AI/MI関連技術の利活用

主催:分離技術会

協賛(予定):化学工学会分離プロセス部会、静岡化学工学懇話会、日本溶剤リサイクル工業会、石油学会東海支部、化学工学会産学官連携センターグローバルテクノロジー委員会

近年,社会の様々な分野においてICT(情報伝達技術)の効果的な利活用への期待が高まっており,これらの先端技術をどのように活用していくか,どのように活用できるかが議論されている。本講演会では,これらの情報技術の産業プロセスへの利活用に関して,基礎からプラントなどでの実用例まで幅広く,大学・企業にてご活躍の方々からご講演をいただきます。皆様の多数のご参加をお待ちしております。

日 時 令和元年12月4日(水) 13:20~17:10

    (開場,受け付け開始 13:00)

場 所 名古屋工業大学 鶴舞キャンパス 1号館1階 0112教室

名古屋市昭和区御器所町 (JR中央本線・鶴舞駅から徒歩約10分)

https://www.nitech.ac.jp/access/index.html

■プログラム

13:20 開会挨拶          分離技術会東海地区代表幹事/静岡大学 佐古 猛 氏

13:30-14:20「人工知能(AI)で人間の匠の技を機械で実現」

静岡大学 電気電子工学科 犬塚 博氏

14:20-15:10「製造業におけるプロセスデータ解析とAI活用」

横河電機㈱  大谷 哲也氏

    (休 憩)

15:25-16:15「ANNを用いて既設原油蒸留設備の最適運転方案と改善方案の両実施例のご紹介」

Process Integration Ltd 渡部高司氏

16:15-17:05「MIを活用した材料中の結晶粒界へのアプローチの現状と展望」

名古屋工業大学 物理工学科 田村 友幸氏

17:05 閉会挨拶           分離技術会会長/名古屋工業大学 森 秀樹 氏

■定員:50名

■参加費:一般4,000円、学生2,000円 (当日徴収)

■申込方法:「第15回東海地区分離技術講演会」と題して,①氏名・②勤務先・③所属・④連絡先(TEL,e-mail)・⑤懇親会の参加の有無を明記の上,FAXまたはE-mailにて11月25日(月)までに,下記までお申し込み下さい。

(ご提供いただいた個人情報は、本講演会の運営のみに利用させていただきます。)

■申込先:〒432-8561 静岡県浜松市中区城北3-5-1 分離技術会東海地区幹事会 事務局

     TEL&FAX: 053-478-1165, E-mail: okajima.izumi@shizuoka.ac.jp

■講演会終了後,講師を囲んで簡単な懇親会を行います。是非併せてご参加ください。(参加費は当日別途徴収します。)